333mバンクの競輪場での、有利なレース展開や予想のコツをまとめています。

競輪場の特徴から読み解くレースの展開まとめサイトヘッダー

333mは最も短いバンク

競輪場には主に3種類の距離のバンクが採用されています。
その中でも最も短い333mバンクについて詳しく見て行きましょう。

 

この333mバンクは、通称サンサンバンクと呼ばれており先行逃げ切りが有利だとされています。直線距離も400mや500mと比べると短くなるので、中盤から終盤にかけての追い上げが難しいのです。短期決戦が勝利のカギになる333mバンクの特徴やレース展開を知り、一獲千金の夢を掴み取りましょう。

 

333mは先行有利

冒頭でも述べたように333mバンクは先行逃げ切りが有利です。昔から競輪業界で格言のように言われており、レース結果でも先行の勝利確率が高いと判明しています。

 

先行で逃げ切る競輪選手の心理状態からも有利さが分かるでしょう。
直線コースを先頭で走る場合、風の抵抗が強く苦しいものになります。

 

しかし、333mバンクだとすぐにカーブになり風の抵抗を受け難くなるのです。
そうなると、思った以上に体力を消費していない、と選手は感じます。
つまり、心理的に優位なままレース終盤まで走って行けるのです。
体力面だけでなく精神面でもプラス要素があるのを覚えておきましょう。

 

車券の買い方

333バンクでの車券の買い方は?

ベテランであれば選手やバンクの情報を徹底的に分析してみるのもありです。
ですが、そこまで分析が得意で無ければ、バンクの特徴を考慮してラインの先頭選手の車券を買うようにしましょう。

 

ラインの先頭に出る選手が先行逃げ切りで勝ちやすいので、そこを狙って買うのです。
事前に選手情報を見られるなら、得意な戦法が逃げ切りかどうかを見てみると良いでしょう。勝率に注目するのも良いですが、333mバンクのような短い競輪場であれば別の視点を持つのが重要です。

 

ただし、先行逃げ切りが有利なだけであって絶対に勝てる訳ではありません。
あくまでも参考程度にしつつ、選手やバンクの情報を総合的に判断するのが大切です。
考えても結論が出る訳では無いので、エンターテインメントと割り切って楽しむのも1つの手段でしょう。

 

333mバンクの競輪場

333mバンクを採用している競輪場は、全国に7つ存在しています。
松戸、小田原、伊東、富山、奈良、防府、そして前橋です。
この競輪場を利用する時は、333mバンクを意識して車券を購入すると良いでしょう。

 

ちなみに余談ですが、前橋だけ335mになっています。
レース展開への影響はさほどないので気にしなくても問題はありません。
距離が異なる点よりも、カントと呼ばれるバンクの傾斜が36度あり、日本の競輪場では最も強い傾斜になるためこちらを気にしたほうが良いです。
外周側で走る選手が不利になるので、レース展開を考える際には気を付けてください。