競輪場が400mバンクのレースでは、選手情報から展開を予想しましょう。

競輪場の特徴から読み解くレースの展開まとめサイトヘッダー

444mはスタンダードなバンク

3種類あるバンクの距離でスタンダードなのは400mバンクとなります。
全国に43会場ある競輪場の内、30ヶ所が400mバンクを採用しているのです。

 

短距離でも無く長距離でも無い、そのためすべての競輪選手がある程度平等に勝負出来ると言われています。走る競輪選手によってレース展開が大きく変わり、時には真逆のスタイルにもなるでしょう。スタンダードな400mバンクの特徴やレース展開を見て、車券の買い方の参考にしてみてください。

 

400mバンクはすべての戦略に平等

333mバンクや500mバンクと違い、極端な有利不利が発生しないのが400mバンクの特徴でしょう。先行逃げ切りで勝つこともあれば、捲りや差しが勝つこともあります。

 

レース結果を予測する側としては、厄介だと感じる面もあるかもしれません。しかし、どんなレース展開になるか分からないと感じるからこそ、的中させた時の快感は大きいのです。

 

また、レース展開が分からないのは初心者までで、ある程度知識を持つ人であれば選手情報からレース展開を予測出来るでしょう。選手の関係性やバンクの特徴をしっかりと分析すれば、的中に近付けるのです。誰が勝つか分からないとサジを投げて、安易な予測をするのはもったいないです。

 

同じ400mバンクでも会場によって「見なし直線距離」が異なります。意識して分析してみるとなにか見えてくるかもしれません。宝くじを買うぐらい割り切るなら問題は無いですが、的中に近付きたいなら分析を怠らないようにしましょう。

 

車券の狙い目

レース予想が難しい!

400mバンクは極端なレース展開にならないので、予想を的中させるのはかなり大変です。

 

そこで重要視したいのが選手の勝率や得意戦法についてです。
レースを走る選手にはポイント制による勝率が公開されているので、まずはこれを参考にレース上位者を予測すると良いでしょう。先行逃げ切りなのか、捲りが得意なのか、そうした情報もあるので見てみてください。

 

どうしても予想が絞れなかったり、初心者で分からなかったりした場合は、安定のワイドで買うのが良いです。12分の1の確率で的中するので小さくても的中させたい人におすすめです。また、2車複や3連複など順番を気にしなくて良い買い方も有効でしょう。

 

400mバンクを採用した競輪場

大半の競輪場は400mバンクを採用しているので、数ヶ所に足を運べば確実に目に出来るでしょう。それから、立川や平塚、静岡のKEIRINグランプリが開催される会場はすべて400mバンクを採用しています。

 

一獲千金を夢見てKEIRINグランプリを応援するなら、400mバンクのレースに慣れておくと良いです。どのようなレース展開になるか分かりにくいだけであって、分析を続ければ何かが見えて来るかもしれません。

 

また、実際にレースで使われているバンクを走れる体験会のようなイベントを行っている競輪場もあります。参加してみるともしかしたら戦略や心理戦を読み解くヒントになるかもしれませんよ。興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

競輪場のイベントについて