決まり手の種類と競輪場の形状を理解し、どの選手が有利か見極めましょう。

競輪場の特徴から読み解くレースの展開まとめサイトヘッダー

競輪の決まり手

競輪の決まり手について

競輪で予想を的中させたいなら、決まり手の情報を把握しておくようにしましょう。決まり手とは、レースで1位になった選手がどのような戦法で勝利したかを意味しています。

 

逃げや捲り、差しやマークなどが決まり手として存在しており、競輪選手の紹介にも活用されます。選手の得意な戦法を理解し、バンクの形状と相性が良いか判断するのが大切です。
ここでは競輪の決まり手を紹介して、レース展開の予想をしやすくしてみたいと思います。

 

逃げ

逃げには体力と精神力が必要

先行と表記される場合もありますが、基本的には逃げと呼ばれる決まり手です。

 

名前から推測出来る通り、これは逃げ切りを意味する決まり手です。
判断方法としては、ラスト1周のタイミングで先頭に居る選手が1位を獲得すると逃げとなります。

 

良く勘違いされるのが、レース開始からずっと先頭に居るのを逃げだと思ってしまうことです。そうではなく、ラスト1周の時点から逃げが始まると覚えておきましょう。

 

逃げの選手は前方に誰も居ないので進路を妨害される心配がありません。
しかし、風の抵抗が強く負担が大きいため、逃げ切るには相応の体力と精神力が必要となります。

 

捲り

これも分かりやすい決まり手で、先頭を走る選手を捲ることから来ています。
ラスト1周になってから最終コーナーに入る前までに、先頭の選手を追い抜いて1位になる必要があります。

 

時には複数の選手を追い抜かすため、終盤で強い加速力を発揮出来なければなりません。
進路を妨害されるので自然と外周を走ることになるでしょう。
最後の捲りまで脚力を温存しておけば、1位を狙いやすい決まり手でもあります。

 

差し

差しで決まると興奮度が高い

最終コーナーに入ってから、ゴールまでの直線で抜き去るのが差しです。

 

レース終盤で劇的に順位が変化する差しは、決まり手の中でも興奮度は高いでしょう。
喜びの歓声を上げる人も居れば、落胆して怒号を飛ばす人も居ます。

 

レースの最後まで脚力を温存しておけるメリットはありますが、前方に人が多いためチャンスを失うことも多いのです。また、後ろから追い上げて来る捲りを妨害する必要が出て来ます。そのため、一時的に先頭の人と協力体制になるのが差しを狙う選手の特徴です。
協力しつつ自分が勝利するタイミングを伺うので、心理戦が繰り広げられるのも競輪ならではの魅力でしょう。

 

マーク

これは少し変わった決まり手で、2着の選手に使われるものです。
後ろから捲りや差しなどの追い込みが失敗して、2着になった時にマークと呼ばれます。

 

1位獲得に近かった選手という考え方が出来るので、順位予想に大きく役立つでしょう。
終盤のレース展開を予測する場合、決まり手でマークになっているかも考慮すると良いです。